【レビュー】TaRiss's 窮奇 ディルド についての使用体験 TaRiss`s

【レビュー】TaRiss's 窮奇 ディルド についての使用体験

本記事はしぇる様(twitter @cher_adds)からのレビューとなります。
著作者:しぇる(@cher_adds)
元記事:https://chercheur-sexe.blog.jp/archives/11793215.html
ツイッタURL:https://twitter.com/cher_adds/status/1462934232226238468?s=20

TaRiss'sさんの11月の新商品であるアナルプラグを早速ご提供いただきました!
このアナルプラグのイメージキャラクターも制作され
TaRiss'sさんの力の入った商品ですので、僕も力を入れてレビューします(^ν^)

TaRiss's アナルプラグ 窮奇

BeautyPlus_20211119160950698_save
窮奇」というのは、中国神話における四凶(四柱の邪神)のひとつで
一般的には有翼の虎の姿で悪いことをする神として定着しており
また風を司る神として扱われることもあるそうです。

そんな「窮奇」をモチーフにしたのがこのアナルプラグです。

側面には風を模したような渦巻きがあり
背面には虎の隆々とした背中の筋肉を感じさせる凹凸が象られています。
中国風の置物として、さりげなく玄関とかに飾れそうな見た目してます(笑)

以降、このアナルプラグについて詳しく見ていきましょう♪

サイズ・カラー展開

61+QTDI9T5L._AC_SL1000_
サイズはS〜XXLまでの5サイズ展開です。
上のコブより下のコブの方が大きく、先細りになっているのが形状の特徴ですね。
暗黒の皇帝のような寸胴形状よりは、マイルドに奥を拡張しやすいと思います。
前面と背面では形状が異なるので、どっちを前にするかで挿入感が変わるのもポイントです。

カラーはミントグリーン、ゴールド、ブラックの3色展開となっています。
こんな上級者向けのグッズで、このサイズとカラーの豊富さはすごいですね☆

ちなみに僕はXLサイズのミントグリーンをご提供いただきました。

使用感


使用動画を撮りましたので、合わせてご覧いただきつつ使用感をレポートします。

素材感はいつものTaRiss'sさんと同様です。
モチモチサラサラなとても質が高いシリコンでできていて、ローション乗りも良いです。

動画では、まずセルフフィストでアナルを緩ませ
暗黒の皇帝(XL)でアナルと直腸奥を慣らした上で、窮奇を挿入しています。

窮奇は先細り形状で、先端の亀頭から1つ目のコブまでは楽に入っていきます。
しかしやはり2つ目の9.6cmのコブはなかなか大変です(笑)
腰を立たせるよりも、腰を寝かせて猫背の状態で後ろの方に体重をかけると入りやすいので
動画内でもそのようにしています。

金角XXXL(最大径10.5cm)でも同様なんですが
最後まで挿れると直腸壁が思いっきり圧迫されて
勃起もできなければ射精もできない状態になります(;´∀`)

内側からの度を越した圧迫感は、苦しくもあり快感でもありますが
最後のくびれはひとつめのコブと同じくらいの直径がありますし
長時間挿れておくにも大変な努力を要します。
ただ、長時間挿れたままにしておくことができれば、拡張効果は相当なものですね。

20211123015023146_save
正直言うと、金角XXXLよりも最大径が小さいサイズを選んだので
「まあ普通に入るだろう」と高をくくってましたが
金角XXXLと同じくらいか、いやむしろそれ以上の難敵に感じました。

金角は上から見ると楕円形なので、縦方向に長く、横方向の径はさほど大きくないんですが
窮奇はおおむね円形なので、縦にも横にも同じだけの径があります。
縦にも横にも広いというのが、この手強さの正体かもしれません…w

おまけ:窮奇 イメージキャラクターアクリルスタンド

DSCF3317
こちらの商品には、アクリルスタンドがおまけとして付属します。
この窮奇のイメージキャラクターを作成したのは、あす太郎さん(Twitter:@aaassstaro)です。
暗黒の皇帝のイメージキャラクター 黑暗(ヘイアン)を描いたのもこの方です。
TaRiss'sファンには馴染みの絵描きさんになりつつありますね(笑)

窮奇アクスタの在庫によっては、別のアクスタが同梱されることがあるとのことです。
確実に窮奇アクスタが欲しい!という方はお早めにこちらのアナルプラグをご購入いただくか
TaRiss'sの公式ショップで単体でもご購入いただけますので、ご検討ください↓



まとめ

BeautyPlus_20211119175352574_save
窮奇は奥・直腸・アナルを同時に拡張するのにとても向いてます。
適度な長さで、先端はあまり太くないため、すべて挿入しても奥が苦しくなりませんし
ふたつめの大きなコブで直腸がミチミチに満たされ
最後のくびれもくびれすぎていないので、アナルを存分に拡げた状態で維持できます。

見た目のインパクトに負けない挿入感には
アナル拡張上級者なら満足すること間違いないかと思います。

ご検討の際は、サイズにだけは注意してくださいね☆

 

ブログに戻る

コメントを残す